鼻炎

プロポリスの口内効果

日常生活を送る中で、人と接するときに気を配ることがあります。
服装や態度などもありますが、体質的になかなか改善できない悩みもあります。
体質的な悩みごとの一つに、口臭の問題があります
口臭の原因として考えられるのが、タバコなど口の中の細菌も原因の一つとしてあげられます。

そして最も影響があるのが虫歯や歯周病などの口の中の病気です。
歯茎に残った歯垢から細菌が発生して、歯茎がはれあがるなど炎症を起こしてしまう病気です。
悪化してしまうと、歯が抜け落ちてしまう場合もあります。
歯周病を抱えている人の場合、細菌の繁殖によって口内環境が悪化して口臭の原因につながります。
また加齢による、歯の衰えなども口内環境に影響が出てきます。
口臭は自分では気づきにくく、相手に不快感を与えてしまう問題の一つです。

そこで口臭対策として人気が高まっているのが、プロポリスです。
プロポリスには、殺菌効果や抗菌効果があることが分かっています。
プロポリスはセイヨウミツバチによって作り出される有効成分です。
新芽や様々な植物の樹脂を集め、蜂の巣のすきまを埋めるために使われています。

プロポリスには、樹脂に含まれているフラボノイドが歯の病気の予防に効果的だということが分かっています。
フラボノイドは歯を丈夫にするというイメージを持っている人が多いでしょう。
ガムやあめなどにも含まれている成分なので認知度も高いです。

プロポリスに含まれているフラボノイドは、特に抗菌作用と抗酸化作用が強いことが分かっています。
抗菌作用だけではく抗炎症作用や鎮痛作用もあるので、歯周病による痛みや腫れなどの症状の改善に効果が期待できます。

また殺菌効果があるので、歯周病の悪化や予防にもつながります。
実際にプロポリスが配合された歯磨き粉などを使用すると、口臭の悩みや歯周病の改善につながったケースが多いです。
歯磨きは毎日の習慣なため、サプリメントなどの摂取の習慣がない人でも継続しやすく、口臭にも一番効果が期待できるといえます。