鼻炎

プロポリスで擦り傷などのけが改善効果

日常生活を送っている中で、けがやすり傷は避けられません。
大人よりも子供の方が、毎日のようにけがをしてきます。
活発に動いているからこそ、けがはどうしても避けられません。
小さな子供ほど、同世代の子供と手加減することなく遊ぶことが多いので、けがは絶えません。

今はけがなどをした場合は、まず消毒をしてから薬を塗る場合が多いです。
擦り傷などのけがをした場合、傷口をそのままにしておくとあらゆる細菌が入り込んでしまいます。
すると短期間で治る傷が、悪化してしまう場合もあります。

そこで昔から愛用されている、擦り傷などの効果的な成分としてプロポリスがお勧めです。
プロポリスとはセイヨウミツバチが新芽や樹木か採取したら樹脂のことです。
プロポリスは、のすきまなどを埋めるように使用され、巣の強化や殺菌効果があります。
原材料となる樹脂によって効果が異なりますが、主にフラボノイドが豊富に含まれていることが特徴です。

フラボノイドには強い殺菌作用があるため、けがをした際には消毒としての効果が期待できます。

そしてプロポリスのもう一つの特徴として、抗炎症作用があるということです。
けがや擦り傷、肌荒れ、やけどなどの症状は皮膚に対して何かしらの炎症が起きています。
プロポリスは炎症を抑えることで、より早いけがの回復が期待できます。

プロポリスの摂取方法としては主に2種類になります。
一つはプロポリスの原液を取り入れるという方法です。
もう一つは飲みやすく加工されたサプリメントです。

サプリメントの場合は毎日摂取するため、炎症に対して強い体を作りあげることができます。
原液の場合は、部分的に即効性が期待できます。
火傷や擦り傷などのけがをした部分に、原液のプロポリスを垂らすように少しだけ塗ります
殺菌効果と抗炎症効果を同時に得ることができます。
また自然の物なので小さな子供に使用しても問題ありません。
万が一口にて傷口をなめてしまっても、薬とは異なるので安全だといえます。
またプロポリスを軟膏として使う時の注意点についても参考にご覧ください。